シラバス参照

印刷
講義名 人間関係論研究
講義開講時期 前期 講義区分 講義
校地 鈴鹿大学短期大学部
単位数
科目種別 専門教育科目
対象学科・年次 専攻科 1年
必須/選択 選択

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 中山 真こども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
専門教育科目
2単位
専攻科 健康生活学専攻 1年
専攻科 こども教育学専攻 1年
選択
講義テーマ 「対人援助場面で必要な人の心理や行動の理論や実践について理解を深めよう」
講義の到達目標 1. 対人援助に必要な心理学の理論や知見を説明することができる(知識・理解)。
2. 大学生として/対人援助職者として必要な基本的な文章作成能力・コミュニケーション能力を生かし、授業時の個人/ペアワークに取り組むことができる(技能)。
3. 大学生として/対人援助職者として、問題意識を持ち、自ら主体的・能動的に学ぶことを習慣にすることができる(態度)。
講義計画
内容
第1回テーマ:人間理解と対人援助の基礎としての心理学
内容:身近な生活の中にさまざまな心理学があることを理解する。
第2回テーマ:心の源としての感覚・知覚・認知
内容:感覚・知覚・認知の心理学について理解する。
第3回テーマ:心の表れとしての行動
内容:学習の心理学について理解する。
第4回テーマ:心の動きとしての感情
内容:感情の心理学について理解する。
第5回テーマ:心の輪郭としてのパーソナリティ
内容:パーソナリティの心理学について理解する。
第6回テーマ:発達・成長する心
内容:発達の心理学について理解する。
第7回テーマ:活動の原動力としての心
内容:モチベーションの心理学について理解する。
第8回テーマ:他者と交わる心
内容:対人コミュニケーションの心理学について理解する。
第9回テーマ:社会のなかの心
内容:社会・組織・集団の心理学について理解する。
第10回テーマ:心の健康
内容:ストレスと健康の心理学について理解する。
第11回テーマ:臨床における心の捉え方
内容:心理アセスメント・行動論的アセスメント、精神疾患について理解する。
第12回テーマ:悩み回復する心
内容:心の不調とカウンセリングの心理学について理解する。
第13回テーマ:衰え・老いと心
内容:高齢者の理解と心理学について理解する。
第14回テーマ:病気・死に向き合う心
内容:緩和とリハビリテーションの医療心理学について理解する。
第15回テーマ:援助する心
内容:対人援助職の資質と心構えについて理解する。
講義の目的・概要 この科目はディプロマポリシーのうち「土台となる力」に関連する。
養護教諭や保育者・幼児教育者は対人援助職である。そこでこの授業では、人間理解に役立つ心理学の理論から、援助者自身のセルフマネジメントまで、対人援助のあらゆる現場で役立つ知見に焦点を当てる。具体的には、理解を深めるためのさまざまな個人ワーク・ペアワークに取り組むことで、対人援助に必要な心理学的理論を身につける。
キーワード:対人援助、対人関係、心のケア、論理的思考力
事前/事後に受講してほしい講義 [事前]心理学(生活コミュニケーション学科2年前期)
[事後]特になし
学習評価の方法・基準 授業への参加度(10%)・授業時の提出物(50%)・定期試験(40%)
・授業への参加度は、授業での発言および個人/ペアワークへの参加状況から、到達目標2(技能)の達成度を評価する。
・授業時の提出物は、毎回の授業時に記入・提出するワークシートの内容(質と量)から、到達目標3(態度)の達成度を評価する。提出物は教員がチェックを行った後、次回授業時に返却する。
・定期試験は、授業内容についての筆記試験の結果から、到達目標1(知識・理解)の達成度を評価する。
教科書・テキスト 鈴木伸一・伊藤大輔・尾形明子・国里愛彦・小関俊祐・中村菜々子・松永美希 (2017) 対人援助と心のケアに活かす心理学 有斐閣 1,800円(税抜)
参考図書・指定図書 無藤 隆・森 敏昭・遠藤由美・玉瀬耕治 (2004) 心理学 (New Liberal Arts Selection) 有斐閣 3,700円(税別)
金沢 創・市川寛子・作田由衣子 (2015) ゼロからはじめる心理学・入門:人の心を知る科学 有斐閣 1,800円(税抜)
その他 ・難易度:★★☆(応用・発展的なレベル)
・この科目は教員による一方的な講義は行わない。各自が講義外学習をしていることを前提とした、個人/ペアワークが授業の中心となる。各自が主体的・能動的に学習しなければ、到達目標を満たせない=単位が取得できないので、十分理解して履修すること。
・授業に関する質問は授業時・授業前後・オフィスアワー・メールにて受け付ける。詳しくはオフィスアワーの欄を参照のこと。
オフィスアワー 研究室A412 水曜日3限(13:00~14:30)
E-mail: nakayamam@suzuka-jc.ac.jp
WEB: https://makotonlab.com/
講義外学習の指示 ・予習として、テキストの次回授業で取り上げる章を読んでおくこと。予習をしていることを前提として、毎回授業時にワークシートで知識・理解の定着度のチェックを行う。また、復習として、返却された前回授業のワークシートに目を通しておくこと(講義外に毎回1時間程度の学習を要する)。
・わからなかった点については、授業前後やオフィスアワー等を用いて質問し、わからないままにしておかないこと。