Syllabus Reference

Print
Course title 幼児教育心理学
Term The 2nd half Course classification Classroom Lecture
School sites 鈴鹿大学短期大学部
Credits 2
Course type 専門教育
Faculty/Course for
Required/Elective
こども学専攻1年
Required / Elective 選択

Instructor
OccupationFull nameAffiliation
准教授* 齋藤 信こども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
専門教育
2単位
こども学専攻1年
選択
講義テーマ 「定型の心身の発達及び学習の過程を学び、こどもの発達を促す教育を理解する」
講義の到達目標 1. 教育現場において必要とされる心理学的な知識や考え方・ものの見方を習得する。
 (知識・理解)
2. 教育心理学で扱う領域の知識によって幼児ならびに障がいのある幼児の理解を深める。
 (知識・理解)
3. 教育・保育現場だけでなく社会でも応用できる心理学的知識を身につける。  
 (技能、態度)
講義計画
No.Contents
1テーマ:イントロダクション
内容:講義で扱う内容と授業の進め方について 各回のポイントを概説
2テーマ:「発達」と教育心理学
内容: 発達段階・発達課題・発達の規定因について
3テーマ:認知の発達
内容 :ピアジェの認知発達段階
4テーマ:思考の発達
内容:ことばの発達
5テーマ:親子関係
内容: 愛着、親子関係、親の養育態度
6テーマ:社会性の発達
内容:運動能力の発達、道徳性、社会的スキル
7テーマ:学習の過程
内容:条件づけ、観察学習
8テーマ:非定型発達
内容:発達障害、病児の発達
9テーマ:やる気のメカニズム  
内容:動機づけ、目標設定の仕方
10テーマ:記憶・知能
内容:記憶の過程、忘却、知能検査
11テーマ:集団の心理学
内容:リーダーシップ 集団づくり
12テーマ:子どもの理解と支援
内容:パーソナリティ理論とその測定、アイデンティティ
13テーマ:教授学習方法
内容: 教授法、適正処遇交互作用
14テーマ:教育評価
内容:教育評価の理論、評価のゆがみ
15テーマ:まとめ
内容:講義で扱った内容のまとめと復習
講義の目的・概要 心理学の理論的な枠組みを知ることで、教育・保育現場で遭遇するであろう問題を多面的にとらえ、正しく理解できたり、有効な対処法が浮かび上がってくることがあります。この講義では教育心理学の基本的な知識を学び、教育・保育現場においてその理論・法則・現象を効果的に使用できるようにします。またそれがどのように教育現場で活かせるのかについても解説します。子どもたちの変化、成長を意味する「発達」、記憶や理解といった「学習」、人間関係づくりや園生活への慣れといった「適応」について考えていきます。また、教育心理学の考え方をもとに「評価」や、「特別支援教育」についても考えていきます。
事前/事後に受講してほしい講義 [事前]こころの発達(1年前期)・保育の心理学(1年前期)
[事後]こどもの理解(2年前期)
学習評価の方法・基準 授業時の参加度(20%)レポート・課題(20%) 定期試験(筆記)(60%)
・授業時の参加度は、事前学習の状況や参加意欲、授業への貢献度をもとに評価する。これらについて は、毎回の授業内で確認して授業評価に含める。
・レポート・課題は授業内容の理解度をもとに評価する。これらについては、「コメントして返却」、 「優れたものや印象に残ったものを授業内で紹介する。」の対応をして、授業評価に含める。
・筆記試験は到達目標の1~3の観点に基づいて、基本概念や語句の理解度をもとに評価する。
教科書・テキスト なし
参考図書・指定図書 大野木 裕明・二宮 克美・宮沢 秀次『ガイドライン学校教育心理学―教師としての資質を育む―』ナカニシヤ出版(2016) <9784779510663> 2,200円(税抜)
文部科学省『幼稚園教育要領』東山書房(2017)<9784827815634> 251円(税抜)
※文部科学省ウェブサイトにも掲載されています。
その他 ・難易度:★★☆(応用・発展的なレベル)
・授業に関する質問は授業時・授業前後・オフィスアワー・メールにて受け付ける。詳しくはオフィスアワーの欄を参照のこと。
オフィスアワー A412研究室
毎週水曜日昼休み(12:10~13:00)
講義外学習の指示 ・予復習として、参考図書や配布資料を読んだり、メモ等を見直したりすること。また、日常生活でこどもに関心を持ち、こどもをよく観察すること(講義外に毎回1時間程度の学習を要する)。
・わからなかった点については、授業前後やオフィスアワー等を用いて質問し、わからないままにしておかないこと。
Diploma policy
土台となる力:学力(基礎教養、専門領域に関する知識、技能)。 生きる力:問題解決能力(自ら課題を発見し、解決する能力)を有すること。 つながる力:コミュニケーション能力(他者への寛容さ、論理的・芸術的表現、他者との協働性)を有すること。
選択
ディプロマポリシー(専攻1)
無し
無し
ディプロマポリシー(専攻2)
土台となる力: 就学前教育に携わる者としての必要な知識(教育学、心理学などの知識)を有すること。 土台となる力: 就学前教育に携わる者としての必要な技能(音楽、造形、運動などの技能)を有すること。 生きる力: 教育実践において、自ら課題とその解決方法を見つけ、解決に当たる力を有すること。 生きる力: 自らのキャリアを開発し、社会において自らの力を役立てを有すること。 つながる力: ことば、音楽、造形、運動・遊びを通じて子どもとつながる力を有すること。 つながる力: 子どもを取り巻く様々な他者(保護者、同僚、地域)とつながっていくためのコミュニケーションスキルを有すること。
選択