シラバス参照

印刷
講義名 幼児教育心理学
講義開講時期 後期 講義区分 講義
校地 鈴鹿大学短期大学部
単位数
科目種別 専門教育科目
対象学科・年次 こども学専攻 1年
必須/選択 選択

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 中山 真こども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
専門教育科目
2単位
こども学専攻 1年
選択
講義テーマ 「こどもの発達に応じた教育のあり方について、心理学的に考えよう」
講義の到達目標 1. 教育心理学の基本的事項(障害のあるこどもの心身の発達・学習の過程を含む)を理解し、保育実践の事例の中で論じることができる(知識・理解)。
2. こどもの発達に応じて、教育的効果のある遊びや絵本を選ぶことができる(技能)。
3. 生活や遊びの中でのこどもの経験や学習をより豊かにしようとする立場で事例を検討することができる(態度)。
講義計画
内容
第1回テーマ:はじめに—保育と教育心理学—
内容:教育心理学を学ぶ意義について、人の発達の観点から考える。
第2回テーマ:発達過程と教育
内容:発達における遺伝と環境の影響力の観点から教育について考える。
第3回テーマ:教育の基本的な考え方
内容:教育を行う際に、どんな点に注目すべきかを考える。
第4回テーマ:学習
内容:学習の意味と学習の方法について理解する。
第5回テーマ:知的機能の発達
内容:知的機能の発達についてピアジェの認知発達理論に基づいて考える。
第6回テーマ:知能・知的障害
内容:知能そのものや知能の測定方法を理解する。また、知的な遅れのある子どもへのかかわり方について考える。
第7回テーマ:記憶のメカニズム
内容:学習における記憶のメカニズムについて理解する。
第8回テーマ:記憶の発達
内容:乳幼児期の記憶の発達について理解する。
第9回テーマ:やる気のメカニズム
内容:やる気や意欲のメカニズムについて理解する。
第10回テーマ:やる気を引き出す保育・教育
内容:やる気や意欲を引き出す保育・教育について考える。
第11回テーマ:子どもの遊びの発達
内容:遊びの仕方は発達過程の中でどのように変化していくのかについて理解する。
第12回テーマ:子どもの遊びと学び
内容:遊びの中で子どもがどのような学びを得ているか、保育者はそこにどのようにかかわるのかを考える。
第13回テーマ:生きる力の基礎を培う
内容:生涯の基礎である乳幼児期に身につけるべき「生きる力」とは何かを考える。
第14回テーマ:発達障害の子どもたちへの配慮
内容:発達障害の子どもたちが保育園や幼稚園で生活・学習する中で必要な配慮について考える。
第15回テーマ:虐待を受けた子どもと施設
内容:虐待を受けた子どもと児童養護施設について理解し、必要な教育的支援について考える。
講義の目的・概要 この科目はカリキュラムポリシー「保育者の知の土台となる保育学・教育学・心理学等を学び、論理的思考や物事の本質を見抜く力を育成する。」「保育者として必要な自己研鑽の意識を持ち、保育実践上の課題を能動的・主体的・協働的に発見し解決する力を育成する。」に該当する。また、ディプロマポリシーのうち「土台となる力」「生きる力」に関連する。
「養護」とともに「保育」を構成する要素である「教育」についての心理学理論や知見を学ぶ。これにより、こどもの発達に応じたより効果的な教育的対応および保育実践を考えることができるようになることを目指す。また、障害のあるこどもへの教育的支援についても考えることができるようになることを目指す。また、こどもを対象にした教育活動におけるツールとしての絵本について、その教育的意味や効果を考える。
キーワード:教育心理学、発達、学習、動機付け
事前/事後に受講してほしい講義 [事前]こころの発達(1年前期)・保育の心理学(1年前期)
[事後]こどもの理解(2年前期)
学習評価の方法・基準 ・定期試験期間中に試験は実施しない。
授業時の提出物(50%)・授業理解度を調べる課題(50%)
・授業時の提出物は、毎回の授業時に記入・提出するワークシートの内容(質と量)から、到達目標3(態度)の目標達成度を評価する。提出物は教員がチェックを行った後、次回授業時に返却する。
・授業理解度を調べる課題では、学習到達度の確認課題から、到達目標1(知識・理解)および到達目標2(技能)の達成度を評価する。
教科書・テキスト 教科書・テキストは使用しない。
参考図書・指定図書 髙村和代・安藤史高・小平英志 (2009) 保育のためのやさしい教育心理学 ナカニシヤ出版 1,800円(税抜) ISBN978-4779503160
沼山 博・三浦主博 (2013) 新訂 子どもとかかわる人のための心理学―発達心理学,保育の心理学への扉― 萌文書林 2,000円(税抜) ISBN978-4-89347-179-6
その他 ・難易度:★★☆(応用・発展的なレベル)
・授業に関する質問は授業時・授業前後・オフィスアワー・メールにて受け付ける。詳しくはオフィスアワーの欄を参照のこと。
オフィスアワー 研究室A412 水曜日3限(13:00~14:30)
E-mail: nakayamam@suzuka-jc.ac.jp
WEB: https://makotonlab.com/
講義外学習の指示 ・予復習として、参考図書や配布資料を読んだり、メモ等を見直したりすること。また、日常生活でこどもに関心を持ち、こどもをよく観察すること(講義外に毎回1時間程度の学習を要する)。
・わからなかった点については、授業前後やオフィスアワー等を用いて質問し、わからないままにしておかないこと。