Syllabus Reference

Print
Course title こどもの理解
Term The 1st half Course classification Classroom Lecture
School sites 鈴鹿大学短期大学部
Credits 2
Course type 専門教育
Faculty/Course for
Required/Elective
こども学専攻2年
Required / Elective 選択

Instructor
OccupationFull nameAffiliation
准教授* 齋藤 信こども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
専門教育
2単位
こども学専攻2年
選択
講義テーマ 「こどもやこどもを支える保護者・同僚に対する理解を深め、具体的なスキルを身につけよう」
講義の到達目標 1. 幼児理解についての知識を身に付け、考え方や基礎的態度を理解する。(知識・理解,態度)
2. 幼児理解の方法を具体的に理解する。(技能)
講義計画
No.Contents
1テーマ:幼児理解と評価の基本① 幼児理解の意義
内容:幼児理解の意義と、基礎となる知識、態度、方法について理解する。
2テーマ:幼児理解と評価の基本② 幼児理解の理論①(愛着理論、発達課題、認知発達理論等)
内容:幼児理解のために必要な発達理論について理解する。
3テーマ:幼児理解と評価の基本③ 幼児理解の理論②(生活や遊びの中での学びの過程)
内容:幼児における、生活や遊びの中での学びの概要について理解する。
4テーマ:幼児理解と評価の基本④ 幼児理解の姿勢(カウンセリング・マインド等)
内容:幼児理解のために必要な姿勢・視点について理解する。
5テーマ:幼児理解と評価の方法① 観察・面接の方法とその意義
内容:幼児理解のために必要な観察・面接の方法の基礎とその意義について理解する。
6テーマ:幼児理解と評価の方法② 検査の方法とその意義
内容:幼児理解のために必要な検査の方法の基礎とその意義について理解する。
7テーマ:幼児理解と評価の方法③ 記録・評価の方法とその意義
内容:幼児理解のために必要な、幼児の記録・評価の方法の基礎とその意義について理解する。
8テーマ:幼児理解と評価の方法④ 省察とカンファレンス
内容:幼児理解のために必要な、省察とカンファレンスの基礎とその意義について理解する。
9テーマ:幼児理解の実際①:各年齢児の特徴的な事例(個と集団の関係を捉える)
内容:幼児における年齢ごとの特徴と集団内での行動について考える。
10テーマ:幼児理解の実際②:配慮の必要な子の理解
内容:幼児期における配慮が必要な子を理解する視点とその対応について考える。
11テーマ:幼児理解の実際③:幼稚園から小学校への接続
内容:幼稚園から小学校への接続における要点とその意義について考える。
12テーマ:保護者の心情と対応① 幼児理解のための関係形成
内容:幼児の保護者と円滑な関係を築くための要点とその意義について理解する。
13テーマ:保護者の心情と対応② 幼児理解から子育て支援へ
内容:保育者による保護者に対する子育て支援の要点とその意義について考える。
14テーマ:保護者の心情と対応③ 保育中のトラブルとその対応
内容:保育中のトラブルに対する対応の要点とそれに伴う保護者への対応について考える。
15テーマ:まとめ 幼児理解と保育者自身の発達(保育者・教育者としての効力感)
内容:幼児理解の熟達と保育者自身の発達の関連について考える。
講義の目的・概要 幼児理解は、幼稚園教育のあらゆる営みの基本となるものである。幼稚園における幼児の生活や遊びの実態に即して、幼児の発達や学び及びその過程で生じるつまずき、その要因を把握するための原理や対応の方法を考える。
事前/事後に受講してほしい講義 [事前]障がい児の支援(1年前期)・幼児教育心理学(1年後期)
[事後]こどもと保育カウンセリング(2年後期)
学習評価の方法・基準 ●授業参加度(40%)レポート・課題(60%)
・授業参加度は、事前学習の状況、授業での発言をもとに評価する。これらについては、毎回の授業内 で確認して授業評価に含める。
・レポート・課題は、授業内容の理解度をもとに評価する。これらについては、「コメントして返 
 却」、「優れたものや印象に残ったものを授業内で紹介する。」の対応をして、授業評価に含める。
教科書・テキスト 文部科学省『幼稚園教育指導資料第3集 幼児理解と評価』ぎょうせい(2010)<9784324091845>
190円(税抜)
※文部科学省ウェブサイト<http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/youchien/07121724/1296261.htm>
(2019年2月10日アクセス)に掲載されているPDF版を授業時に配付する。
参考図書・指定図書 文部科学省『幼稚園教育要領』東山書房(2017)<9784827815634> 251円(税抜)
内閣府・文部科学省・厚生労働省『幼保連携型認定こども園教育・保育要領』フレーベル館(2017)<9784577814246>149円(税抜)
※以上の2点は文部科学省ウェブサイトにも掲載されています。
厚生労働省『保育所保育指針』フレーベル館(2017)<9784577814239>149円(税抜)
※厚生労働省ウェブサイトにも掲載されています。
中澤 潤・大野木裕明・南 博文『心理学マニュアル観察法』北大路書房(1997)<9784762820762
>1,300円(税抜)
その他 ・難易度:★★☆(応用・発展的なレベル)
・授業に関する質問は授業時・授業前後・オフィスアワー・メールにて受け付ける。詳しくはオフィス アワーの欄を参照のこと。
オフィスアワー A412研究室
毎週水曜日昼休み(12:10~13:00)
講義外学習の指示 ・予復習として、テキストや配布資料を読んだり、メモ等を見直したりすること。また、日常生活でこ どもや家族に関心を持ち、こどもをよく観察すること(講義外に毎回1時間の学習を要する)。
Diploma policy
土台となる力:学力(基礎教養、専門領域に関する知識、技能)。 生きる力:問題解決能力(自ら課題を発見し、解決する能力)を有すること。 つながる力:コミュニケーション能力(他者への寛容さ、論理的・芸術的表現、他者との協働性)を有すること。
選択
ディプロマポリシー(専攻1)
無し
無し
ディプロマポリシー(専攻2)
土台となる力: 就学前教育に携わる者としての必要な知識(教育学、心理学などの知識)を有すること。 土台となる力: 就学前教育に携わる者としての必要な技能(音楽、造形、運動などの技能)を有すること。 生きる力: 教育実践において、自ら課題とその解決方法を見つけ、解決に当たる力を有すること。 生きる力: 自らのキャリアを開発し、社会において自らの力を役立てを有すること。 つながる力: ことば、音楽、造形、運動・遊びを通じて子どもとつながる力を有すること。 つながる力: 子どもを取り巻く様々な他者(保護者、同僚、地域)とつながっていくためのコミュニケーションスキルを有すること。
選択