シラバス参照

印刷
講義名 こどもの理解
講義開講時期 前期 講義区分 講義
校地 鈴鹿大学短期大学部
単位数
科目種別 専門教育科目
対象学科・年次 こども学専攻 2年
必須/選択 選択

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 中山 真こども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
専門教育科目
2単位
こども学専攻 2年
選択
講義テーマ 「こどもやこどもを支える保護者・同僚に対する理解を深め、具体的なスキルを身につけよう」
講義の到達目標 1. こどもの行動を理解の仕方や支援の仕方を、根拠に基づいて説明することができる(知識・理解)。
2. 授業で学んだ内容を基に、保育実践および保護者支援に取り組むことができる(技能)。
3. こどもを共に支える保護者や同僚を理解しようとする姿勢を持って事例検討に参加できる(態度)。
講義計画
内容
第1回テーマ:こども理解と評価の基本(1) 基本編
内容:幼児教育に必要な視点や保育・教育の評価方法について理解する。
第2回テーマ:こども理解と評価の基本(2) 発展編
内容:よりよい保育をつくり出すための方法を考える。
第3回テーマ:適切なこども理解と評価(1) 教師の姿勢
内容:こどもに接する教師のあるべき姿について考える。
第4回テーマ:適切なこども理解と評価(2) 具体的な方法
内容:こども理解と評価の具体的方法について理解する。
第5回テーマ:適切なこども理解と評価(3) 指導要録
内容:指導要録の法的根拠、役割、記入の仕方について理解する。
第6回テーマ:軽度発達障害(1) 学習障害(LD)
内容:学習障害の特徴を体験的に理解し、事例に基づいて支援の仕方を考える。
第7回テーマ:軽度発達障害(2) 自閉症スペクトラム障害(ASD)
内容:自閉症スペクトラム障害の特徴を体験的に理解し、事例に基づいて支援の仕方を考える。
第8回テーマ:軽度発達障害(3) 注意欠陥多動性障害(ADHD)
内容:注意欠陥多動性障害の特徴を体験的に理解し、事例に基づいて支援の仕方を考える。
第9回テーマ:支援の技術(1) 応用行動分析(ABA)
内容:支援の具体的方法として、応用行動分析を理解する。
第10回テーマ:支援の技術(2) ペアレントトレーニング
内容:支援の具体的方法として、ペアレントトレーニングを理解する。
第11回テーマ:支援の技術(3) アンガーマネジメント
内容:攻撃的な子どもへの心理教育プログラム「セカンドステップ」を体験的に学習する。
第12回テーマ:家庭・保護者との連携(1) 基本編
内容:様々な家庭・保護者と連携するための方法を事例を基に考える。
第13回テーマ:家庭・保護者との連携(2) 応用編
内容:保護者からの苦情に対する考え方および対応方法を学習する。
第14回テーマ:ストレスマネジメント
内容:保育者がストレスフルな毎日の業務を乗り越えるためのストレスマネジメントを体験的に学習する。
第15回テーマ:保育における様々な危険
内容:保育現場における様々な危険を「クロスロード」というゲーム形式で学習する。
講義の目的・概要 この科目はカリキュラムポリシー「保育者として必要な自己研鑽の意識を持ち、保育実践上の課題を能動的・主体的・協働的に発見し解決する力を育成する。」「こどもやその家族、同僚や地域の人々などの多様な他者を、的確に深く理解するためのコミュニケーション能力やカウンセリングマインドを育成する。」に該当する。また、ディプロマポリシーのうち「生きる力」「つながる力」に関連する。
保育者は子ども一人一人の特性に応じ、発達の課題に即し、保護者や同僚と協働的なかかわりを行う必要がある。そのために、こどもの理解や保護者および同僚との連携に役立つ理論と方法について、具体的な事例を通して学ぶことで、実践力を身につける。
キーワード:発達障害、特別支援教育、ソーシャルスキル、保護者対応、リスク認知
事前/事後に受講してほしい講義 [事前]障がい児の支援(1年前期)・幼児教育心理学(1年後期)
[事後]こどもと保育カウンセリング(2年後期)
学習評価の方法・基準 ・定期試験期間中に試験は実施しない。
授業時の提出物(50%)・授業理解度を調べる課題(50%)
・授業時の提出物は、毎回の授業時に記入・提出するワークシートの内容(質と量)から、到達目標1(知識・理解)および到達目標3(態度)の達成度を評価する。提出物は教員がチェックを行った後、次回授業時に返却する。
・授業理解度を調べる課題では、学習到達度の確認課題から、到達目標1(知識・理解)および到達目標2(技能)の達成度を評価する。
教科書・テキスト 文部科学省 (2010) 幼稚園教育指導資料第3集 幼児理解と評価 ぎょうせい 190円(税抜)
※文部科学省ウェブサイト<http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/youchien/07121724/1296261.htm>に掲載されているPDF版を授業時に配布します。
参考図書・指定図書 平澤紀子 (2010) 応用行動分析学から学ぶ子ども観察力&支援力養成ガイド―発達障害のある子の行動問題を読み解く! 学研教育出版 1,500円(税抜)
野口啓示 (2012) むずかしい子を育てるコモンセンス・ペアレンティング・ワークブック 明石書店 1,800円(税抜)
小野田正利 (2009) イチャモンどんとこい!―保護者といい関係をつくるためのワークショップ 学事出版 1,400円(税抜)
田中哲郎 (2006) 保育園における危険予知トレーニング―事故を防ぐリスク感性を磨くための 日本小児医事出版社 1,800円(税抜)
その他 ・難易度:★★☆(応用・発展的なレベル)
・授業に関する質問は授業時・授業前後・オフィスアワー・メールにて受け付ける。詳しくはオフィスアワーの欄を参照のこと。
オフィスアワー 研究室A412 水曜日3限(13:00~14:30)
E-mail: nakayamam@suzuka-jc.ac.jp
WEB: https://makotonlab.com/
講義外学習の指示 ・予復習として、テキストや配布資料を読んだり、メモ等を見直したりすること。また、日常生活でこどもや家族に関心を持ち、こどもをよく観察すること(講義外に毎回1時間の学習を要する)。