シラバス参照

印刷
講義名 栄養カウンセリング論
講義開講時期 後期後半 講義区分 講義
校地 鈴鹿大学短期大学部
単位数 1
科目種別 専門教育科目
対象学科・年次 生活コミュニケーション学科 食物栄養学専攻 1年
必須/選択 選択

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 中山 真こども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
専門教育科目
1単位
食物栄養学専攻 1年
選択
講義テーマ 「栄養士として必要なカウンセリングマインド・カウンセリングスキルを身につけよう」
講義の到達目標 1. 栄養士として栄養教育を行う際に必要となる心理学の基本的な知識を論じることができる(知識・理解)。
2. カウンセリングスキルを身に付け、栄養教育に応用することができる(技能)。
3. 栄養士としてかかわる対象者の行動や心理に配慮して、事例検討に参加できる(態度)。
講義計画
内容
第1回テーマ:はじめに—栄養教育におけるカウンセリングの位置づけ—
内容:栄養士はなぜカウンセリングを学ぶ必要があるのかを理解する。
第2回テーマ:栄養教育初回面接の実際
内容:初回の栄養教育に必要なカウンセリングスキルを理解する。
第3回テーマ:栄養教育に必要なカウンセリングスキル
内容:栄養教育の中で用いられるカウンセリングスキルを理解する。
第4回テーマ:栄養カウンセリングに必要なカウンセリング理論
内容:カウンセリングの基礎理論について理解する。
第5回テーマ:心理アセスメント(1)心理アセスメントとは
内容:栄養教育の中で必要となる心理アセスメントの考え方について理解する。
第6回テーマ:心理アセスメント(2)アセスメントの様々なアプローチ
内容:栄養教育の中で必要となる心理アセスメントの様々な方法について理解する。
第7回テーマ:患者と家族に力を与えるカウンセリング
内容:食事療法における行動変化とエンパワーメントアプローチについて理解する。
第8回テーマ:食の問題に対する心理カウンセリング
内容:摂食障害の特徴とその対応について理解する。
講義の目的・概要 この科目はカリキュラムポリシー「食教育における対象者とのコミュニケーション能力を育成する。」「食の指導者として必要な自己表現能力を育成する。」に該当する。また、ディプロマポリシーのうち「つながる力」に関連する。
栄養指導の最終目的は、対象者(クライエント)が自ら健康の維持・増進、疾病の予防、治療などのために行動を変容させ、それを習慣化するように導くことである。それには、クライエントの栄養上の問題点を見つけ、その背景にある要因を探り、共に改善策を考え、行動の変容を援助する必要がある。その方法として、カウンセリングの手法が有効と考えられることから、本講義では、栄養指導におけるカウンセリングの位置づけおよび栄養カウンセリングの理論やスキル、また、食行動理論およびライフステージ別の食行動の特徴と問題について実践的に学ぶ。
キーワード:栄養指導、栄養教育、栄養カウンセリング
事前/事後に受講してほしい講義 [事前]栄養教育論(1年前期)
[事後]心理学(2年前期)
学習評価の方法・基準 授業時の提出物(50%)・授業への参加度(10%)・授業理解度を調べる課題(40%)
・定期試験期間中に試験は実施しない。
・授業時の提出物は、毎回の授業時に記入・提出するワークシートの内容(質と量)から、到達目標1(知識・理解)および到達目標2(技能)の達成度を評価する。提出物は教員がチェックを行った後、最終授業までに返却する。
・授業への参加度は、授業での発言およびロールプレイやグループワーク等への参加姿勢から、到達目標3(態度)の達成度を評価する。
・授業理解度を調べる課題では、最終レポートの内容(質と量)から、到達目標1(知識・理解)の達成度を評価する。
教科書・テキスト 教科書・テキストは使用しない。
参考図書・指定図書 赤松利恵・永井成美 (2015) 栄養カウンセリング論 化学同人 1,800円(税抜)
久保克彦 (2014) 実践 栄養カウンセリング―患者の行動変容を促す!栄養指導から栄養教育へ! メディカ出版 2,600円(税抜)
小松啓子・大谷貴美子 (2009) 栄養カウンセリング論第2版(栄養科学シリーズNEXT) 講談社サイエンティフィック 2,600円(税抜)
その他 ・難易度:★☆☆(入門的なレベル)
・この授業は、食物栄養学専攻1年の後期後半に開講する、授業回数7.5回の科目である。同じ曜日時間帯に開講される後期前半の「給食計画論」8回目の授業の後半から開始する。
・授業に関する質問は授業時・授業前後・オフィスアワー・メールにて受け付ける。詳しくはオフィスアワーの欄を参照のこと。
オフィスアワー 研究室A412 水曜日3限(13:00~14:30)
E-mail: nakayamam@suzuka-jc.ac.jp
WEB: https://makotonlab.com/
講義外学習の指示 ・授業後に、配布資料やメモ等を見直し、授業内容について振り返ること(講義外に毎回30分程度の学習を要する)。
・わからなかった点については、コメントカードや授業前後、オフィスアワー等を用いて質問し、わからないままにしておかないこと。