シラバス参照

印刷
講義名 心理学
講義開講時期 前期 講義区分 講義
校地 鈴鹿大学短期大学部
単位数
科目種別 基礎教育科目 総合科目
対象学科・年次 生活コミュニケーション学科 2年
必須/選択 選択

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 中山 真こども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
基礎教育科目 総合科目
2単位
食物栄養学専攻 2年
こども学専攻 2年
選択
講義テーマ 「現代社会を生きる人として、ためになる心理学を学ぼう」
講義の到達目標 1. 心理学がどのような学問であるのかを的確に理解し、個別のトピックについて説明することができる(知識・理解)。
2. 心理学のさまざまな理論に基づき、生活の中での身近な出来事をクリティカルシンキングを用いて考えることができる(技能)。
3. 人間の心理・行動に関する身近なトピックについて、問題意識を持って考えることができる(態度)。
講義計画
内容
第1回テーマ:はじめに—心理学とは—
内容:心理学とはどのような学問なのかを概観し、クリティカルシンキングについて身につける。
第2回テーマ:性格
内容:血液型によって性格は違うのか?パーソナリティ理論や日常生活において見られる人の個人差について理解する。
第3回テーマ:責任転嫁と自己非難
内容:様々な出来事を他人のせいにすることもあれば、自分に原因があると責めてしまうこともある。その背景にある心理メカニズムについて理解する。
第4回テーマ:感情
内容:怒りをあらわにするのは避けるべきなのか?喜怒哀楽の表現とその発達について理解する。
第5回テーマ:友人関係
内容:友人関係がうまくいかなくなるのはなぜだろうか?友人関係の様々な理論について理解する。
第6回テーマ:嫌われ感・苦手意識
内容:相手に嫌われたと感じてしまうのはなぜだろうか?苦手な感じの相手とうまくやるにはどうしたらいいのだろうか?対人関係の中でのネガティブな気持ちについて考える。
第7回テーマ:記憶のメカニズム
内容:学習における記憶のメカニズムについて理解する。
第8回テーマ:社会的排斥と孤立感
内容:社会的動物である人間にとって、社会や集団から排除されることはどのような意味があるのだろうか?孤立した人間の心理について理解する。
第9回テーマ:恋愛関係
内容:あなたの恋愛パターンは?相性のいい相手は?誰もが気になる恋愛について心理学的に真面目に学ぶ。
第10回テーマ:美しさの心理学
内容:美しさを感じる人とはどのような人なのだろうか?進化心理学の立場から理解する。
第11回テーマ:妬みと嫉妬
内容:妬みと嫉妬は似ているようで異なる心理現象である。具体的な場面を例に理解する。
第12回テーマ:嘘・噂
内容:嘘は見破れるのか?人が噂に惑わされてしまうのはなぜなのだろうか?嘘や噂の真実に迫る。
第13回テーマ:緊急事態の心理学
内容:災害時などの緊急事態に人々はどのような行動を取る傾向にあるのかを理解し、実際の緊急事態に備える。
第14回テーマ:ストレスとサポート
内容:ストレスフリーは理想的な人生なのか?ストレスとソーシャル・サポート、ストレスマネジメントについて理解する。
第15回テーマ:幸福・文化
内容:「幸福」の価値観は文化によって異なるものである。文化によって人の考え方は具体的に何が異なるのかを理解する。
講義の目的・概要 この科目はディプロマポリシーのうち「土台となる力」に関連する。
心理学は“こころ”に関する学問である。日常的に心理テストや血液型性格診断など、心理学っぽいものに触れる機会は多いと思うが、その反面、本当の心理学の姿とはかけ離れたイメージも広まってしまっている。そこでこの授業では、学問や科学としての心理学とはどういうものか、心理学のさまざまな領域の理論や研究知見について、生活の中での具体例をもとに理解する。
キーワード:認知心理学、パーソナリティ心理学、社会心理学、臨床心理学、論理的思考力
事前/事後に受講してほしい講義 [事前]教育心理学(食物栄養学専攻1年前期)、こころの発達(こども学専攻1年前期)、幼児教育心理学(こども学専攻1年後期)
[事後]なし
学習評価の方法・基準 ・定期試験期間中に試験は実施しない。
授業時の提出物(10%)・授業理解度を調べる課題(90%)
・授業時の提出物は、毎回の授業時に記入・提出するコメントの内容(質と量)から、到達目標3(態度)の達成度を評価する。提出物は教員がチェックを行った後、次回授業時に返却もしくは学習管理システムでフィードバックする。
・授業理解度を調べる課題は、最終レポート課題の内容(質と量)から、到達目標1(知識・理解)および到達目標2(技能)の達成度を評価する。なお、レポート課題は、「学習管理システム」(NetCommons)からの解答も可能であり、授業時のスライドも同システム上で参照可能である。
教科書・テキスト 教科書・テキストは使用しない。
参考図書・指定図書 長谷川寿一・東條正城・大島 尚・丹野義彦・廣中直行 (2008) はじめて出会う心理学改訂版 有斐閣 2,000円(税抜)
無藤 隆・森 敏昭・遠藤由美・玉瀬耕治 (2004) 心理学 New Liberal Arts Selection 有斐閣 3,600円(税抜)
その他 ・難易度:★☆☆(入門的なレベル)
・本科目は、授業公開科目として、一般の方の受講の受け入れを行う予定です。また、授業時にスマートフォンを使ったアクティブ・ラーニングを導入しています(スマートフォンを利用していない方も授業は履修できます)。
・ピアヘルパー取得を希望する者は、本科目をはじめ必要科目を履修し、ピアヘルパー試験(例年12月最初の土曜日)を受験すること。試験の受験は1年次でも構わない。ピアヘルパーについては、NPO法人日本教育カウンセラー協会のサイト< http://www.jeca.gr.jp/peer/peer.htm >を参照してください。
オフィスアワー 研究室A412 水曜日3限(13:00~14:30)
E-mail: nakayamam@suzuka-jc.ac.jp
WEB: https://makotonlab.com/
講義外学習の指示 ・本科目は、パソコン・スマートフォン・タブレット等でアクセス可能な「学習管理システム」(NetCommons)を活用する。各回の授業終了後にその回の内容に関連した課題を出題するが、それが最終レポート課題となる。また、次の授業の資料をあらかじめアップロードしておくので、目を通し、授業内容に関連したアンケートに回答しておくこと(講義外に毎回1時間程度の学習を要する)。