シラバス参照

印刷
講義名 教育心理学(養護・保健)
講義開講時期 前期 講義区分 講義
校地 鈴鹿大学こども教育学部
単位数 2
科目種別 専門教育科目 養護・保健教育科目
対象学科・年次 こども教育学科 養護教育学専攻 2年
必須/選択 選択

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 中山 真こども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
専門教育科目 養護・保健教育科目
こども教育学科 養護教育学専攻 2年
2単位
選択
講義テーマ 「教育実践の基礎となる教育心理学の理論や知見について幅広く学ぼう」
講義の到達目標 1. 教育実践(障害のあるこどもに対する特別支援教育を含む)に必要な心理学の理論や知見を説明することができる(知識・理解)。
2. 教育者として必要な基本的な文章作成能力・コミュニケーション能力を生かし、授業時の個人/ペアワークに取り組むことができる(技能)。
3. 大学生として/教育者として、問題意識を持ち、自ら主体的・能動的に学ぶことを習慣にすることができる(態度)。
講義計画
内容
第1回テーマ:教育心理学の歴史
内容:教育心理学の歴史から今後の授業で学習する内容を概観する。
第2回テーマ:発達とは
内容:発達に応じた教育実践ができるよう発達心理学の基本的な内容を理解する。
第3回テーマ:発達の諸理論
内容:フロイト、エリクソン、ピアジェの発達理論を理解する。
第4回テーマ:赤ちゃんと幼児の発達
内容:乳幼児期の発達の特徴と教育の関係を理解する。
第5回テーマ:小学生の発達
内容:児童期の発達の特徴と教育の関係を理解する。
第6回テーマ:中高生の発達
内容:青年期の発達の特徴と教育の関係を理解する。
第7回テーマ:学習
内容:条件付けなどの学習の基本的な理論とメカニズムを理解する。
第8回テーマ:記憶と認知
内容:記憶、知能、創造性の認知システムを理解する。
第9回テーマ:動機づけ
内容:動機づけと学習の関係について理解する。
第10回テーマ:学習指導と教育評価
内容:学習指導の種類と教育評価の種類・はたらきについて理解する。
第11回テーマ:生徒指導・教育相談
内容:生徒指導・教育相談・進路指導・キャリア教育について理解する。
第12回テーマ:生徒理解・パーソナリティ
内容:パーソナリティの理論とアセスメントについて理解する。
第13回テーマ:生徒集団の構造と理解
内容:集団の中での子どもの人間関係について理解する。
第14回テーマ:実践的教育相談のための基礎知識
内容:カウンセリングの基本的態度と実践方法について理解する。
第15回テーマ:子どもを取り巻く諸問題
内容:いじめ、不登校、発達障害・特別支援教育について理解する。
講義の目的・概要 この科目はディプロマポリシーのうち「土台となる力」に関連する。
教育心理学(および発達心理学など関連領域の心理学)の知見に基づいて、児童生徒の発達と学習の仕組みや、心身の障害を持った児童生徒や特別支援教育の現状をテーマとして取り扱う。具体的には、理解を深めるためのさまざまな個人ワーク・ペアワークに取り組むことで、教育実践に必要な心理学的理論を身につける。
キーワード:教育心理学、発達、学習、発達障害、不適応
事前/事後に受講してほしい講義 [事前]発達心理学(1年後期)
[事後]教育相談の理論と方法(2年後期)
学習評価の方法・基準 授業への参加度(10%)・授業時の提出物(50%)・定期試験(40%)
・授業への参加度は、授業での発言および個人/ペアワークへの参加状況から、到達目標2(技能)の目標達成度を評価する。
・授業時の提出物は、毎回の授業時に記入・提出するワークシートの内容(質と量)から、到達目標3(態度)の目標達成度を評価する。提出物は教員がチェックを行った後、次回授業時に返却する。
・定期試験は、授業内容についての筆記試験の結果から、到達目標1(知識・理解)の目標達成度を評価する。
教科書・テキスト 鎌原雅彦・竹綱誠一郎 (2015) やさしい教育心理学 第4版 有斐閣アルマ 1,900円(税抜)
参考図書・指定図書 外山紀子・外山美樹 (2010) やさしい発達と学習 有斐閣アルマ 1,800円(税抜)
その他 ・難易度:★★☆(応用・発展的なレベル)
・この科目は教員による一方的な講義は行わない。各自が講義外学習をしていることを前提とした、個人/ペアワークが授業の中心となる。各自が主体的・能動的に学習しなければ、到達目標を満たせない=単位が取得できないので、十分理解して履修すること。
・授業に関する質問は授業時・授業前後・オフィスアワー・メールにて受け付ける。詳しくはオフィスアワーの欄を参照のこと。
オフィスアワー 研究室A412 水曜日3限(13:00~14:30)
E-mail: nakayamam@suzuka-jc.ac.jp
WEB: https://makotonlab.com/
講義外学習の指示 ・予習として、テキストの次回授業で取り上げる章を読んでおくこと。予習をしていることを前提として、毎回授業時にワークシートで知識・理解の定着度のチェックを行う。また、復習として、返却された前回授業のワークシートに目を通しておくこと(講義外に毎回1時間程度の学習を要する)。
・わからなかった点については、授業前後やオフィスアワー等を用いて質問し、わからないままにしておかないこと。