シラバス参照

印刷
講義名 発達心理学
講義開講時期 後期 講義区分 講義
校地 鈴鹿大学こども教育学部
単位数 2
科目種別 専門教育科目 養護・保健教育科目
対象学科・年次 こども教育学科 養護教育学専攻 1年
必須/選択 選択

担当教員
職種氏名所属
准教授◎ 中山 真こども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
専門教育科目 養護・保健教育科目
こども教育学科 養護教育学専攻 1年
2単位
選択
講義テーマ 「心理学の基本的な理論や知見に基づき、人間の発達を理解しよう」
講義の到達目標 1. 人間の発達過程における心理や行動の特徴を理解し、そのポイントを説明することができる(知識・理解)。
2. 教育者として必要な基本的な文章作成能力を生かし、授業における課題に取り組むことができる(技能)。
3. 人間の発達に関する様々な事例について、教育者としての問題意識を持って検討することができる(態度)。
講義計画
内容
第1回テーマ:ヒトとして生まれ,人として生きる
内容:自分のこれまでとこれからを考え、人の生涯について考える。
第2回テーマ:発達するとはどういうことか
内容:発達観、生涯発達の理論、遺伝と環境について考える。
第3回テーマ:生命の芽生えから誕生まで
内容:胎児期の発達について考える。
第4回テーマ:見て・さわって・感じる――赤ちゃんがとらえる世界
内容:ピアジェの発達段階、赤ちゃんの世界について考える。
第5回テーマ:他者との関係性を築く――コミュニケーションと人間関係の発達
内容:乳児―養育者間のコミュニケーション、アタッチメントについて考える。
第6回テーマ:「いま」「ここ」をこえて――言語と遊びの発達
内容:表象と象徴機能、言語発達、遊びについて考える。
第7回テーマ:自分を知り,自分らしさを築く――関わりの中で育まれる自己
内容:自己の発達、自己制御について考える。
第8回テーマ:関わりあって育つ――仲間の中での育ち
内容:心の理論と社会性、仲間関係について考える。
第9回テーマ:思考の深まり――学校での学び
内容:記憶の発達、動機づけ、思考について考える。
第10回テーマ:子どもからの卒業
内容:青年期の発達、対人関係について考える。
第11回テーマ:大人になるために
内容:成人期のアイデンティティ、キャリア発達、家庭について考える。
第12回テーマ:関わりの中で成熟する
内容:親としての発達、介護について考える。
第13回テーマ:人生を振りかえる
内容:高齢期の発達について考える。
第14回テーマ:発達は十人十色――発達におけるつまずきをどう理解し支えるか
内容:発達障害、児童虐待について考える。
第15回テーマ:まとめ
内容:発達心理学について全体を振り返る。
講義の目的・概要 この科目はディプロマポリシーのうち「土台となる力」に関連する。
こどもやこどもにかかわる保護者・教育者の理解につながるよう人間の発達に関する心理学的基礎知識を習得することを目的とする。また、発達の理解を深めるさまざまな事例を取り上げ、児童期・青年期にかかわる教育者の役割の重要性を認識し、よりよい教育活動につなげることを目的とする。
キーワード:発達観、生涯発達、発達障害
事前/事後に受講してほしい講義 [事前]なし
[事後]教育心理学(2年前期)
学習評価の方法・基準 授業への参加度(10%)・授業時の提出物(50%)・定期試験(40%)
・授業への参加度は、授業での発言および個人/ペアワークへの参加状況から、到達目標2(技能)の達成度を評価する。
・授業時の提出物は、毎回の授業時に記入・提出するワークシートの内容(質と量)から、到達目標3(態度)の達成度を評価する。提出物は教員がチェックを行った後、次回授業時に返却する。
・定期試験は、授業内容についての筆記試験の結果から、到達目標1(知識・理解)の達成度を評価する。
教科書・テキスト 坂上裕子・山口智子・林 創・中間玲子 (2014) 問いからはじめる発達心理学―生涯にわたる育ちの科学― 有斐閣 1,800円(税抜)
参考図書・指定図書 鈴木 忠・飯牟礼悦子・滝口のぞみ (2016) 生涯発達心理学―認知・対人関係・自己から読み解く 有斐閣アルマ 1,800円(税抜)
その他 ・難易度:★☆☆(入門的なレベル)
・この科目は教員による一方的な講義は行わない。各自が講義外学習をしていることを前提とした、個人/ペアワークが授業の中心となる。各自が主体的・能動的に学習しなければ、到達目標を満たせない=単位が取得できないので、十分理解して履修すること。
・授業に関する質問は授業時・授業前後・オフィスアワー・メールにて受け付ける。詳しくはオフィスアワーの欄を参照のこと。
オフィスアワー 研究室A412 水曜日3限(13:00~14:30)
E-mail: nakayamam@suzuka-jc.ac.jp
WEB: https://makotonlab.com/
講義外学習の指示 ・予習として、テキストの次回授業で取り上げる章を読んでおくこと。予習をしていることを前提として、毎回授業時にワークシートで知識・理解の定着度のチェックを行う。また、復習として、返却された前回授業のワークシートに目を通しておくこと(講義外に毎回1時間程度の学習を要する)。
・わからなかった点については、授業前後やオフィスアワー等を用いて質問し、わからないままにしておかないこと。