Syllabus Reference

Print
Course title 発達心理学
Term The 2nd half Course classification Classroom Lecture
School sites 鈴鹿大学こども教育学部
Credits 2
Course type 専門教育 養護・保健教育
Faculty/Course for
Required/Elective
こども教育学科 養護教育学専攻1年
Required / Elective 選択

Instructor
OccupationFull nameAffiliation
准教授* 齋藤 信こども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
専門教育 養護・保健教育
2単位
こども教育学科 養護教育学専攻1年
選択
講義テーマ 「心理学の基本的な理論や知見に基づき、人間の発達を理解しよう」
講義の到達目標 1. 人間の発達過程における心理や行動の特徴を理解し、そのポイントを説明することができる(知識・理解)。
2. 教育者として必要な基本的な文章作成能力を生かし、授業における課題に取り組むことができる(技能)。
3. 人間の発達に関する様々な事例について、教育者としての問題意識を持って検討することができる(態度)。
講義計画
No.Contents
1テーマ:ガイダンス
内容:授業の内容と発達心理学の全体像について概観する。
2テーマ:発達の基礎
内容:「発達とは何か」「発達段階」「発達課題」など、発達の基礎的な理論を概観する。
3テーマ:知能・認知の発達
内容:知的能力およびピアジェの認知発達について概観する。
4テーマ:パーソナリティの発達
内容:パーソナリティの発達についてフロイト、エリクソンの理論を中心に概観する。
5テーマ:関係性・社会性の発達
内容:向社会性、道徳性、親子関係の発達について概観する。
6テーマ:乳児期の発達①
内容:乳児期の発達の基礎的な知識について概観する。
7テーマ:乳児期の発達②
内容:乳児期の発達における具体的な現象について概観する。
8テーマ:幼児期の発達①
内容:幼児期の発達における基礎的な知識について概観する。
9テーマ:幼児期の発達②
内容:幼児期の発達における具体的な現象について概観する。
10テーマ:児童期の発達①
内容:児童期の発達における基礎的な知識について概観する。
11テーマ:児童期の発達②
内容:児童期の発達における具体的な現象について概観する。
12テーマ:青年期の発達①
内容:青年期の発達における基礎的な知識について概観する。
13テーマ:青年期の発達②
内容:青年期の発達における具体的な現象について概観する。
14テーマ:成人期の発達①
内容:成人期の発達における基礎的な知識について概観する。
15テーマ:成人期の発達②
内容:成人期の発達における具体的な現象について概観する。
講義の目的・概要 この科目はディプロマポリシーのうち「土台となる力」に関連する。
こどもやこどもにかかわる保護者・教育者の理解につながるよう人間の発達に関する心理学的基礎知識を習得することを目的とする。また、発達の理解を深めるさまざまな事例を取り上げ、児童期・青年期にかかわる教育者の役割の重要性を認識し、よりよい教育活動につなげることを目的とする。
事前/事後に受講してほしい講義 [事前]なし
[事後]教育心理学(2年前期)
学習評価の方法・基準 授業時の参加度(20%)レポート・課題(20%) 定期試験(筆記)(60%)
・授業時の参加度は、事前学習の状況や参加意欲、授業への貢献度をもとに評価する。これらについて は、毎回の授業内で確認して授業評価に含める。
・レポート・課題は授業内容の理解度をもとに評価する。これらについては、「コメントして返却」、 「優れたものや印象に残ったものを授業内で紹介する。」の対応をして、授業評価に含める。
・筆記試験は到達目標の1~3について、基本概念や語句の理解度をもとに評価する。
教科書・テキスト なし
参考図書・指定図書 坂上裕子・山口智子・林 創・中間玲子『問いからはじめる発達心理学―生涯にわたる育ちの科学―』有斐閣(2014)1,800円<9784641150133>(税抜)
鈴木 忠・飯牟礼悦子・滝口のぞみ『生涯発達心理学―認知・対人関係・自己から読み解く―』有斐閣(2016)<9784641220744> 1,800円(税抜)
その他 ・難易度:★☆☆(入門的なレベル)
・自分および生徒現場で関わる人々の、これまでの歩み、現在、今後の人生とどのように関わるのかを 考えながら取り組んで欲しい。
・授業に関する質問は授業時・授業前後・オフィスアワー・メールにて受け付ける。詳しくはオフィス アワーの欄を参照のこと。
オフィスアワー A412研究室
毎週水曜日昼休み(12:10~13:00)
講義外学習の指示 ・予習として,テキストにおける次回の授業の該当する部分を読むこと。復習として,授業で分からな かった点や課題のフィードバックで指摘されたことを調べておくこと。(講義外に毎回1時間程度の学 習を要する)。
・わからなかった点については、授業前後やオフィスアワー等を用いて質問し、わからないままにして おかないこと。
Diploma policy
「土台となる力」とは、基礎教養と専門領域の知識・技能を修得し、教育者・保育者の基本である豊かな人間性と総合専門力、真理を追究し続ける情熱を持っていることである。 「生きる力」とは、主体的に自らの課題を発見し解決する想像力を持ち、幅広い教育実践力を活用できることである。 「つながる力」とは、多文化共生時代の中の一員として、地域・世代・文化の違いを認め合い、ともに生きていくことのすばらしさを分かち合える感受性と、自らの考えや知識・技能を論理的・芸術的表現で伝え、他者と協働できることである。
選択
ディプロマポリシー(専攻1)
無し
無し
ディプロマポリシー(専攻2)
学校・保健教育の現場でリーダーシップを発揮できる幅広い知識と実践力を持っていること。
選択