Syllabus Reference

Print
Course title 保育の心理学Ⅱ
Term The 2nd half Course classification Practical Training
School sites 鈴鹿大学こども教育学部
Credits 1
Course type 専門教育 保育教育
Faculty/Course for
Required/Elective
こども教育学科 幼児教育学専攻2年
Required / Elective 選択

Instructor
OccupationFull nameAffiliation
准教授* 杉山 佳菜子こども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
専門教育 保育教育
1単位
こども教育学科 幼児教育学専攻2年
選択
講義テーマ 「心理学の基本的な理論や知見に基づき、こどもに対する理解を深め、具体的なかかわり方を考えよう」
講義の到達目標 1. こどもの発達過程における心理や発達の特徴を理解し、事例における保育者のかかわり方について論じることができる(知識・理解)。
2. 保育者として必要な基本的な文章作成能力を生かし、授業における課題に取り組むことができる(技能)。
3. 保育における発達援助や子どもの発達をめぐる現代の課題について、保育者としての問題意識を持って、議論に参加することができる(態度)。
講義計画
No.Contents
1はじめに—保育と心理学—
保育者になるためになぜ心理学を学ぶ必要があるのだろうか。保育と心理学の関係について考える。
2個人差・発達過程に応じた保育(1)個人差とは?
個人差についての基本的な考え方、現代の個人差の特徴、個人差に影響を与える要因について考える。
3個人差・発達過程に応じた保育(2)発達過程の理解
個人差とアンバランスな発達の違い、発達の記録の仕方、発達過程と保育課程・教育課程について考える。
4子どもの身体感覚
身体感覚と環境との相互作用が子どもに与える影響について考える。
5環境としての保育者
子どもを取り巻く環境には様々なものがあるが、その中で人的環境としての保育者の役割について考える。
6子どもの社会性
遊びの場面など、子ども相互のやりとりによって育まれる社会性について考える。
7自己主張・自己抑制
自己主張と自己抑制のバランスを考えたかかわり方について考える。
8子ども集団と環境(1)いろいろな集団
個と集団、両方の視点に立ち、子どもが育っていくために大切なことを考える。
9子ども集団と環境(2)環境とは?
環境が子どもに与える影響と、子ども集団を意識した環境整備について考える。
10基本的生活習慣の獲得
食事・排泄・睡眠・清潔・着脱の基本的生活習慣について、発達に応じた支援を考える。
11自己の主体性の形成
子どもの能動的な動きにふれながら、主体性を育む保育について考える。
12発達の課題に応じた援助
子どもによる発達の違いと、そのニーズに合わせた対応について考える。
13発達の連続性と就学への支援
発達の連続性を踏まえた就学前後の支援について考える。
14発達援助における協働
保育者同士の協働、家庭との協働、地域の専門機関との協働について考える。
15現代社会における子どもの発達と保育の課題
子育てに不安を持つ現代の保護者に対する支援について考える。
講義の目的・概要 この科目はディプロマポリシーのうち「土台となる力」「生きる力」に関連する。
こどもの行動を観察することで、こどもの心身の状態を把握できるような実践力を身につけることを目的とする。そのために、こどもの心身の発達や精神的健康、障害などを学ぶ。また生活の中でのいろいろな場面について具体的な事例を取り上げ、保育者の目のつけどころを知り、保育者としての発達援助のあり方を考えていく。なお、演習授業のためロールプレイやグループワークなどを行う。積極的に参加する姿勢が求められる。
キーワード:発達過程、個人差、保育環境、主体性、こども集団
事前/事後に受講してほしい講義 [事前]保育の心理学Ⅰ(1年前期)、教育心理学(2年前期)
[事後]こどもと保育カウンセリング、こどもの理解(3年前期)
学習評価の方法・基準 授業時の参加度(20%)レポート・課題(30%) 定期試験(筆記)(50%)
・授業時の参加度は、聴く姿勢・考えるプロセスを重要に評価する。
・レポート・課題は授業内容の理解度をチェックして評価する。
・筆記試験は到達目標の1~3について、基本概念や語句の理解度をもとに評価する。
・提出されたレポートや課題は、原則として実施の次の週講義の最初にコメント等を記入して返却する。さらにそのレポートに対する講評や解説を全体に対して行う。
・レポートや課題を行う際のICT利用を積極的に推奨するが、意見を求めている課題では単なる引用ではなく、個人の意見が述べられているものを高く評価する。
教科書・テキスト なし
参考図書・指定図書 沼山 博・三浦主博 (2013) 『新訂 子どもとかかわる人のための心理学―発達心理学,保育の心理学への扉―』 萌文書林 2,000円(税抜)
その他 ・難易度:★☆☆(入門的なレベル) 子どもを理解するための基礎的な科目です。
オフィスアワー A405研究室
毎週火曜日昼休み(12:20~12:50)
それ以外の時間でも可能な限り対応します。
講義外学習の指示 ・予復習として、参考図書や配布資料を読んだり、メモ等を見直したりすること。また、日常生活でこどもに関心を持ち、こどもをよく観察すること(講義外に毎回30分程度の学習を要する)。
・わからなかった点については、授業前後やオフィスアワー等を用いて質問し、わからないままにしておかないこと。
Diploma policy
「土台となる力」とは、基礎教養と専門領域の知識・技能を修得し、教育者・保育者の基本である豊かな人間性と総合専門力、真理を追究し続ける情熱を持っていることである。 「生きる力」とは、主体的に自らの課題を発見し解決する想像力を持ち、幅広い教育実践力を活用できることである。 「つながる力」とは、多文化共生時代の中の一員として、地域・世代・文化の違いを認め合い、ともに生きていくことのすばらしさを分かち合える感受性と、自らの考えや知識・技能を論理的・芸術的表現で伝え、他者と協働できることである。
選択
ディプロマポリシー(専攻1)
保育・幼児教育の現場でリーダーシップを発揮できる幅広い知識と実践力を持っていること。
選択
ディプロマポリシー(専攻2)
無し
無し