シラバス参照

印刷
講義名 基礎ゼミナールⅢ
講義開講時期 前期 講義区分 演習
校地 鈴鹿大学こども教育学部
単位数 2
科目種別 基礎教育科目 基礎演習科目
対象学科・年次 こども教育学科2年
必須/選択 必修

担当教員
職種氏名所属
教授◎ 久保 さつきこども教育学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
基礎教育科目 基礎演習科目
こども教育学科2年
2単位
必修
講義テーマ  「基礎ゼミナールⅠ・Ⅱで学んだ学習スキルと教職を志す高まりを背景に、主体的に身の回りの事柄からテーマを設定し、協働的に調査研究する基礎力を身につける」
講義の到達目標 1)4年間の学習計画を立てることできる。
2)教育・保育に必要なスキルを身につける。
3)見学実習の経験を通して「幼児教育」や「養護教育」の理解を深め討論することができる。
4)演習や体験行事を通して、企画実行力・コミュニケーション能力・問題解決力を獲得する。
講義計画
内容
第1回オリエンテーション
授業内容についての説明を聞く。前期履修の再確認をする。前期イベントの説明を聞き、準備をする。
第2回教育に関する学習1
幼児教育・養護教育別に、2年次の専門的学びについて考える。
第3回集団活動におけるレクリエーション1
リーダー育成を中心とした活動として、1年生をもてなす企画・準備をする。
第4回集団活動におけるレクリエーション2
1年生と合同で実施できるイベントの企画・実施をする。
第5回教育に関する学習2
容易教育・養護教育別に、研究・調査に関する資料検索をする。
第6回教育における課題
記録の取り方、文章の書き方について学ぶ。
第7回施設見学実習1
施設見学実習に向けて、実習で学ぶことの意義を学ぶ。
第8回施設見学実習2
施設見学実習の準備として、自己紹介書の記入を行い、日誌の記入について学ぶ。
第9回施設見学実習3
施設見学実習に参加する。
第10回グループ学習課題1
興味あるテーマについて調べる。
第11回グループ学習課題2
興味あるテーマについて議論する。
第12回グループ学習課題3
興味あるテーマについて議論した結果をまとめ、発表の準備をする。
第13回グループ学習課題4
興味あるテーマについて、グループ発表をする。
第14回学外実習への準備
学外実習に関する諸注意を聞き、準備をする。
第15回まとめと振返り
前期活動を評価し、後期に向けて、学習計画書を作成する。
講義の目的・概要  本講義では、ディプロマポリシーの土台となる力、生きる力を修得する。
 幼稚園・保育士・養護教諭に必要な情報を収集し、知識力向上を目的としている。学生それぞれが関心のあるテーマを選び、研究方法、魅力等を述べ、取組む意義の検討を行う。学生は取組むテーマを決定し、グループによる研究活動を行なう。研究の課程のみならず、得られた結果をまとめ上げていく過程でも協働性がと割れることになる。施設の見学実習も含まれる。
事前/事後に受講してほしい講義 事前:基礎ゼミナールⅠ、基礎ゼミナールⅡ
事後:基礎ゼミナールⅣ
学習評価の方法・基準 定期試験は行わない。
授業への参加意欲・貢献度(30%)、レポート・課題(70%)により評価する。
・授業への参加意欲・貢献度は到達目標1)2)3)4)の到達度により評価する。
・レポート・課題は到達目標1)2)3)4)の到達度により評価する。
・提出物は、内容を確認後、コメントを入れて返却する。
教科書・テキスト 幼児教育学専攻:渡辺弥生他 『保育系学生のための日本語トレーニング』三省堂 1,800円(税抜)
養護教育学専攻:野呂幾久子他 『看護系学生のための日本語トレーニング』三省堂 1,800円(税抜)
参考図書・指定図書 指定しない。
その他 状況による授業内容を変更することがある。
オフィスアワー 中山(A412) 水3限    仲(A402) 木2限
坪井(A310) 木2限    小川(A401)火2限 
大久保(A406)水3限    久保(C310)月5限

講義外学習の指示  基礎研究を進めるためには、各自が計画的に学習を進める必要があり、講義内容の事前学習(毎回1~2時間程度)が必要である。授業後は振返りとして講義で取り扱った内容についてのレポートとしてとりまとめを行う。また、内容によっては、時間を要することもあるため、計画的に取組むようにすること。