Syllabus Reference

Print
Course title 資格の日本語Ⅰ
Term The 1st half Course classification Classroom Lecture
School sites 鈴鹿大学
Credits 2
Course type 日本語
Faculty/Course for
Required/Elective
国際学科2年
Required / Elective 選択

Instructor
OccupationFull nameAffiliation
教授* 周  国龍国際人間科学部

科目区分等(科目区分、
単位、対象学年、
必修、選択の別を含む)
日本語
2単位
国際学科2年
選択
講義テーマ 日本語能力試験N1レベル、J.TEST実用日本語検定B級以上の日本語を学習し、コミュニケーション能力の基礎となる知識を得る。
講義の到達目標 1.日本語能力試験N1レベルの言語知識、読解力を身につける。
2.勉強していないことであっても、すでに知っている知識を活用して考え、問題の正解を導くことができる。
3.将来(授業終了以降)の日本語学習について自分で目標や計画を立て、一人で学習を続けていくことができる。
講義計画
No.Contents
1イントロダクション:授業の進め方など、日能試N1の実力判定
はじめに授業の進め方や成績評価の方法などについて理解する。次に日本語能力試験N1レベルの実力判定を行い、現在の自分の実力を知る。
2言語知識:文法形式の判断、読解:内容理解(短文)
学生が練習問題の解答を自己採点する。グループ内の正解者が正答を解説し、グループで間違いを正す。不正解者が多い問題を講師が解説する。
3言語知識:文の組み立て、読解:内容理解(中文)
学生が練習問題の解答を自己採点する。グループ内の正解者が正答を解説し、グループで間違いを正す。不正解者が多い問題を講師が解説する。
4言語知識:文章の文法、読解:内容理解(長文)
学生が練習問題の解答を自己採点する。グループ内の正解者が正答を解説し、グループで間違いを正す。不正解者が多い問題を講師が解説する。
5言語知識:漢字の読み、読解:統合理解
学生が練習問題の解答を自己採点する。グループ内の正解者が正答を解説し、グループで間違いを正す。不正解者が多い問題を講師が解説する。
6言語知識:文脈規定・用法、読解:主張理解(長文)
学生が練習問題の解答を自己採点する。グループ内の正解者が正答を解説し、グループで間違いを正す。不正解者が多い問題を講師が解説する。
7言語知識:言い換え類議、読解:情報検索
学生が練習問題の解答を自己採点する。グループ内の正解者が正答を解説し、グループで間違いを正す。不正解者が多い問題を講師が解説する。
8N1模擬試験:言語知識・読解
日本語能力試験N1レベルの模擬試験(言語知識・読解)を行う。試験時間は110分のため、通常より10分早く開始し、10分延長する。
9N1模擬試験:聴解、自己採点
日本語能力試験N1レベルの模擬試験(聴解)を行う。終了後、自己採点する。
10J.TEST:文法
学生が練習問題の解答を自己採点する。グループ内の正解者が正答を解説し、グループで間違いを正す。不正解者が多い問題を講師が解説する。
11J.TEST:語彙(類議)
学生が練習問題の解答を自己採点する。グループ内の正解者が正答を解説し、グループで間違いを正す。不正解者が多い問題を講師が解説する。
12J.TEST:正しい漢字の選択、漢字の読み
学生が練習問題の解答を自己採点する。グループ内の正解者が正答を解説し、グループで間違いを正す。不正解者が多い問題を講師が解説する。
13J.TEST:記述(適語補充)
各受講生が作った文を一つずつグループで検討した後で、講師に確認する。
14J.TEST:記述(短文作文)
各受講生が作った文を一つずつグループで検討した後で、講師に確認する。
15J.TEST:読解
学生が練習問題の解答を自己採点する。グループ内の正解者が正答を解説し、グループで間違いを正す。不正解者が多い問題を講師が解説する。
講義の目的・概要  この授業は、日本語能力試験N1レベル、J.TEST実用日本語検定B級以上の実力をつけることを目的とする。日本語を母語としない学生にとって、こうした日本語能力は、社会で通用するコミュニケーション能力の基礎となるものであり、社会で活躍するために不可欠な力である。
 毎回、N1レベルの言語知識やJ.TESTの練習問題を宿題として課す。授業では問題の正解を確認した後、間違えた問題についてグループ学習などを行う。次に読解問題に取り組む。
 学期中、4回ほどクイズを実施し、学生の習熟度を確認する。

 日本語能力試験N1に合格したり、J.TESTで高得点を取るためには、授業時間外での計画的な学習が欠かせない。よって、学生には以下のことをしてもらう。
 ① 開講時に、学生が自分自身で学期末までの学習目標と学習計画を立てる。
 ② 学期中は、各々がそれを実行していく。
 ③ 学期末には、自らの学習状況と学習成果等について「学習報告レポート」をまとめる。
  (自分の学習がどのように進んだか。自分の立てた計画に無理がなかったかなど)
事前/事後に受講してほしい講義 【事前】:日本語会話Ⅰ、日本語会話Ⅱ、日本語作文Ⅰ、日本語作文Ⅱ、日本語講読Ⅰ、日本語講読Ⅱ
【事後】:資格の日本語Ⅱ、ビジネス日本語Ⅰ、ビジネス日本語Ⅱ
学習評価の方法・基準 宿題の練習問題(40%)、クイズ(30%)、期末課題:学習報告レポート(30%)定期試験は行わない。
【評価基準】
・到達目標1~3に対応して、言語知識等の練習問題を宿題とする。次回の授業開始時までに終わらせ、解答・採点できるようにする。期日までの宿題の達成度を0~5点で評価し、遅れた場合は減点する(得点×0.9)。
・到達目標1に対応して、クイズをする。実施した練習問題から出題し、受講生の学習到達度を確認する。次回の授業時間中にフィードバックする。欠席した場合は、学生のメールボックスに返却する。
・到達目標3に対応して、期末課題として学習記録レポートを出す。自己の日本語学習に関する記述の詳細さ、内容の構成や論理性をループリックにより評価する。
教科書・テキスト なし
参考図書・指定図書 ・『『日本語能力試験 公式問題集 N1』,独立行政法人 国際交流基金,凡人社,2012年,700円(税抜)(978-4893588173)
・『合格できる日本語能力試験N1』,石崎晶子ほか,アルク,2010年, 2200円(税抜)(ISBN-13: 978-4757418776)
その他 【注意事項】
1.本授業を履修/受講するためには、本学の「日本語プレースメントテスト」の受験が必要である。
2.受講生の習熟度等により、授業計画を調整する場合がある。
オフィスアワー C308研究室
毎週火曜日 13:00~14:00
講義外学習の指示 本授業を理解し、到達目標を達成するために、毎回1-2時間程度、授業時間外に学習する姿勢が望まれる。宿題の練習問題を授業前に必ずやり、授業後は間違った問題や知らなかった語彙・表現等を復習し、確実に覚えるよう日々自分なりに努力すること。クイズ(4回)は既習の練習問題から出題するので、よく勉強しておくこと。また、聴解は自分で聴解CDを聴き、日本語能力試験の出題形式に慣れるとよい。
Diploma policy
社会人としての必要な教養、コミュニケーション能力およびホスピタリティマインド(おもてなしの心)を有すること。 グローバルな視野を有すること。 他者や異文化を尊重する心を持ち、グローバル化の進む社会で共に生きる能力を有すること。 時代の変化や社会のニーズを踏まえ、さまざまな課題に対応して、地域貢献できる実践的な知識とスキルを有すること。 実践で役立つビジネスマネジメント能力と、グローバル社会で求められる多文化共生に必要な知識を有すること。
選択
ディプロマポリシー(専攻1)
無し
無し
ディプロマポリシー(専攻2)
無し
無し